スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IPHONE 水没 

先日iphoneを水没させてしまった。

直ぐにすくい上げたが動作不能に。

暫く放置し、USBでPCに繋いだり、充電してみたが全く動かない。

データだけでも取り出したいのだが・・・・

このまま危険物に出すのももったいないので、駄目もとで修理(分解)してみた。

iphoneの分解は初めて、バッテリーが半分占めてる。


marge15.jpg


老眼には非常につらい作業だが、慎重に進める。

小さな端子や基盤が腐食している。(これはダメかも・・)と

思いつつ、分解してゆく。


marge16.jpg

marge09.jpg
水没反応で赤く染まっている。





さて、この腐食部分をどうしたらいいか・・・・ と



marge13.jpg

基盤と端子が所々 腐食してる。



そうそう、研磨剤入りの「あれ」を使い丁寧に丁寧にブラッシング。

端子が基盤がピカピカになりました。


よく乾かして、組み立て完了。

ショートしないかと恐る恐る充電器に繋ぐと、充電中の表示画面が浮き上り、

暫くして、「りんご」が現れ起動が始まった。

marge11.jpg


marge12.jpg
  

無事、復活。

液晶画面も異常なし。 

データもOKでした。


覚書

・精密星型ドライバー
・不要になったクレジットカードやテレフォンカードなど(薄いもの)
・+精密ドライバー
・歯ブラシ(使用済み)
・磨剤




スポンサーサイト

今日は初午

節分も過ぎて、

今日は初午祭(暦では2月9日ですが、当地区は2月11日と決まっている)

宅内の稲荷様に、のぼりを立て、米粉でお団子(繭玉状に)をつくり供える。

家庭の病気や厄を払い、五穀豊穣と商売繁盛を祈願する。


marge02.jpg


marge08.jpg marge05.jpg marge06.jpg
     大黒様                             庚申様

marge07.jpg
弁天様

二十日正月 と 恵比寿講

今日は1月20日

二十日正月 朝はお雑煮を供え 小正月のおかざりの「だんご」をはずし、かざり物を全て下げた。
                              
今日はお正月の祝い納めの日。



CIMG1342_convert_20130121000543.jpg



夜は恵比寿講、神棚に一升枡をあげ、中に銭や財布、土蔵のカギを入れて、

煮物、秋刀魚等を供え、福運を願う。

これで、正月行事はすべて完。

水道管の補修

11月下旬頃から玄関先のインターロッキングブロックがどうも湿っぽい。
雨で濡れて乾きが遅いのかな?と思ったがいっこうに乾かない。
水道管の破裂を疑いメーターを確認するが異常な動きはない。?

12月10日頃には、その面積が2畳分くらいになり、徐々に広がってきた。
更にインターロッキングブロックに乗っかるとじわ~~と水が湧いてくるように。
これは水道管からの水漏れに違いないと確信。

12月中旬の日曜日に修理決行。

漏水位置を特定するため、インターロッキングブロックを一個づつはずしてゆく。

CIMG1215_convert_20130119180611.jpg


作業している間に、こんな感じで水が溜まってくる。よく観ると僅かに水が湧いてくるところを発見。

CIMG1216_convert_20130119180253.jpg


漏水箇所の水道管を目指し、穴掘り開始。・・・この作業が一番きつい、
水道管の修復作業を考えると穴を広めに掘りたいが、
こんな感じで最小限に掘り進む。

CIMG1220_convert_20130119181045.jpg

CIMG1224_convert_20130119181302.jpg



やっと水道管にたどり着く、湿っているが漏水箇所が特定できない。
管の土を取り除きウエスで拭うと、出ました~~。


CIMG1229_convert_20130119181413.jpg


こんなに細く水が出でていて、目視では亀裂や穴は確認できない。漏水箇所は継ぎ手の中央部分であるため、東北の大震災の影響で中央部に力がかかって、徐々に劣化して漏れてきたのであろう。と判断。


近くのホームセンターへ「継ぎ手」、「水道管」、「接着剤」と埋め戻し用の砕石、砂を購入する。


漏水している継ぎ手部分を切断し、採寸後、新しい管を継ぎ手で繋ぎ、接着剤を塗布し管を挿入。あれれ・・・ 短すぎたかな? 片方の管が1cm位しか入らない。見た目はいいんですが。乾くまで時間をおいて水道栓を少し開けてみた。

CIMG1231_convert_20130119181548.jpg


あ~~~ツと 水漏れが。やはり挿入寸法が足りなかった。
継ぎ手はしっかりと接合されて離せないので、接合したばかりの、継ぎ手
、水道管を切断する。


CIMG1233_convert_20130119181722.jpg



再度ホームセンターへ走り「継ぎ手」購入。予備として余分に継ぎ手を購入。


接着剤を塗布して挿入すると、するっと入ってしまうので今度は注意。
先ほども採寸後、接着剤を塗布しないで仮挿入し、マークして作業に望んだわけだが、
経験が無いということは・・・・。

今度は、その事も考慮して採寸。いざ挿入。
OK

CIMG1237_convert_20130119181901.jpg






指定時間まで乾かし、止水栓を開けて、しばし静観。 水漏れなしで OK

次にキッチンの水やトイレの水を流してみたが水漏れなし。 OK うまく繋がりました。

しばらく様子を見るため、穴の埋め戻しはしないので、管が凍って破裂しないように養生を
してコンパネで覆い作業は終了した。


CIMG1240菫ョ豁」_convert_20130119182020


何とか夕方の水道使用時間帯までに完了できた。


次回のために。
・管の切断、接合は難しいことはないが、地中のため姿勢がつらい。
・資材はホームセンターに行けば全て揃う。
・管は仮組みの挿入と接着剤塗布後の挿入は、滑りがいいので注意。する~~と入ります。
・部品は余分に購入する。
・一番大変な作業は人力による穴掘。
・近所のおじさんが なにやってんだ~~と気になるらしく。近寄ってきて あ~~だ こ~~だ
 と言いながら、作業中断することしばしば。
・給水管や排水管は後のメンテナンスの事を考慮し、作業しやすい場所か作業しやすいように配置する。
(インターロッキングブロックだったので外せたが、コンクリートの場合は削岩機や修復後のコンクリート打ちが大変)



稲の成長記録


CIMG0536.jpg

CIMG0565.jpg


CIMG0563.jpg

CIMG0561.jpg

CIMG0589.jpg

CIMG0590.jpg

CIMG0686.jpg

CIMG0690.jpg

CIMG0731.jpg

CIMG0757.jpg

CIMG0755.jpg

CIMG0752.jpg

CIMG0746.jpg

CIMG0740.jpg

CIMG0794.jpg
出穂が始まりました。

CIMG0784.jpg

CIMG0781.jpg

CIMG0795.jpg

プロフィール

yamajyuF

Author:yamajyuF
ご覧頂きましてありがとうございます

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。